2021年10月アーカイブ

00F66856-EECC-46F7-8719-4042EBBDA8BD.jpeg バイクのペイントなどを専門にしてる塗装屋さんにお願いすると、これでもか!という程厚塗りされ、クリアの後も磨きに磨かれて、その塗装屋さんの腕前が前面に出る仕上がりになるのだが、ワタシはボトムケースや細かい部品に関しては好きでは無い。
 ボトムケースは鋳造されて落とされていない荒い部分が残ってた方が良いと思う。
ポリッシュかけてピカピカなんて、ME06に似合うはずが無い。
ボトムケースはサンブラかけて、磨かずに仕上げです。
キャップはウェットブラストかけて、クリアをチョットだけ吹いて終了。
勿論、どちらも焼き付けてします。
3979FFDE-4CD5-4CE0-A173-19E2E0AD4107.jpeg2DCF9115-0BB4-4348-A351-8AF6FF51749E.jpeg
  バイク虫干し   Honda XR250R ME06 再生カスタム記 6
A94BDA6E-4585-46EF-B0A2-D2AB8F912B35.jpeg 全部バラして、各ユニット毎に分けて置いてます。
リアサスペンションはテクニクスさんに送ってあるのでオッケーです。
リアサスペンションも自分でやりたいと思うのですが、 部品の入手方法が分からないのでやめてます。
フロントフォークはバラして掃除して、フォークシールを換えるだけで終わりにしてます。
今回はインナーチューブのスライド部分は大丈夫でしたが、上側が錆びてるので交換します。
アウターチューブは腐食までは行ってませんが表面ぼろぼろなので、サンブラかけて磨かないでシャケオマジックします。
  Honda XR250R ME06 再生カスタム記 7   Honda XR250R ME06 再生カスタム記 5
5F198CB9-E65A-4657-B787-5403865C2C2B.jpeg エンジンのスプロケットのガード取り付け部が割れてる。
この程度は強度的には影響がないので固めて、ネジを深く切って、長いボルト使えば大丈夫。
スペアエンジンも有るしね。
スプロケットも大分減ってるし、エンジンも汚いしなぁ。
どこまでやるかだよね。

E07C270F-1AEF-4F5D-9E75-8337EF084925.jpeg 今、方向性を決めてるところです。
どの様な形にするかなんですが…私がオフ車のレストアをすると、ノーマルには拘らなくなるんで、多分色々変わるんだろうね。
スポークはサビサビ。前後とも同じ感じね。
でも、前後ともディスクは減ってないんだ。
  Honda XR250R ME06 再生カスタム記 6   Honda XR250R ME06 再生カスタム記 4

2021年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 6.2

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2021年10月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2021年9月です。

次のアーカイブは2021年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。