旧車の集い関連の最近の記事

太陽の村で行われた2017年仙南旧車の集いに行って来ました。

前回は冬だったので台数も少なかったのですが、今回は・・やはり大した数のバイクも集まらず、イマイチ感が有ったのは否めません。

しかし、メグロ系のバイクは展示場より駐車場に良いのが停まってました。

今回はオフ仲間も見物に来てくれましたが、すこしガッカリしたべな。。。

3f19de635cd464860f05165554249512c621e161.jpg

 遂に膝の老化を医者より宣言され、オフロード等の膝を酷使する運動は当分の間ストップ。。

元々運動神経が無くヘタクソなこのワタクシ・・、運転技術の退化は必至です。

痛みが治まれば、またオフロード乗れる様にはなる様なのでここはじっと我慢して、長い事温めていた旧車ミーティングへのデビューを決心しました。

実は、若い頃から旧車は好きではあったものの、周りにいらっしゃる旧車好きの先輩方の「一車種への拘り」が嫌いだったので、ずっと避けておりました。

歳と共に自分もその様な歳になり、まぁ少しは交われるかなと思って「仙南旧車の集い」に行って見る事にしました。

当初はW1SAで行く予定でいましたが、多分・・いや間違い無くW系は多いだろうと思い、急遽ビューエルRSS1200で行く事にしました。

場所は「太陽の村」、家からも会社からも30分程度で行けます。

10時過ぎに会社を出て、到着して駐車場を見るとWWWWWWW(meguro)・・W系です。

W系とメグロ系が殆どでした。

2016-11-06-01.jpg

SGやらSやら・・メグロの250ccはあまり興味が無いのですが、Z7がいた!

このエンジンのカタチは見てるだけで惚れ惚れします。

長い間、Z7の音は聞いていなかったのですが、今聞くと、「こんなにアイドリング高かった?」

「あれ~静か・・・」って云う感じでした・・・。

年月は人の感性も老化させるのですかね。。あんなにワクワクした音だったのにね。。

一度マフラーの中身抜いてエンジンかけて欲しいな~・・多分その音なんだよね、わたしのZ7のイメージは。

2016-11-06-02.jpg

これならワタクシのインド製RE535(ロイヤルエンフィールド535 コンチネンタルGT)の音も捨てたモンじゃ無いですよ。

 情報に飢えてたワタクシは珍しく、来てた皆さんに自分から声を掛けて積極的に話をしてみました。

W1の話も、自分が若い頃受けたような諸先輩方の上から目線も無く、心地よく話が出来ました。

これでワタクシ!ビンテージデビューでございます。

因みに、駐車場でW系の方々とお話してても、生産台数40台の私のビューエルへの関心はゼロの様でチラ見もされませんでした。

レアもん過ぎますね。。改造車にしか見えないか・・・

さて、来年からは近在の旧車の集いは見学するかな。。

午後は、「ガレージカフェ」デビューです。

実は、ここがメイン。

何度か行ってみたいと云う衝動にかられていたのですが。。なんせ人見知り、そしてガレージの写真を見るとちょっと「ハイカラ」、オーナーはダンディ。。。

に見えたのね。

意を決して行ってみました。。。

 何時もの如く、自分は緊張!ぴーーーんで、汗が・・あれ? 出ない。

いつも緊張して話すと大汗かくのに、緊張はしてるんだけど汗が出ませんでした。

ガレージの成り立ちやら、単車歴やら色々お話を聞かせて頂き、私も珍しく話しました。

良い雰囲気で凄く良かったです、

気が付くと、これ頂いてました、憧れの「ブリキ乗り」です。

ハンドルが低いのにちゃんと前を見てる理想のライディングフォームです。

腕の短いわたしには無理なポジションです。

2016-11-06-03.jpg

帰ってから、一生懸命磨いたら大分色が落ちてしまいましたが、これからはこれをお手本にビンテージバイクを極めたい?と思っております。

と云う事で、目立つ所に鎮座です。

2016-11-06-04.jpg

これからドンドン老化して行くなかで、どのようにオートバイと向き合うか・・・自分が楽しみです。

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち旧車の集い関連カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはSUZUKI RM125 1980です。

次のカテゴリはAriel Square Four 1954です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。